あなたは、おまとめローンを上手に使っていますか。
東京スター銀行、オリックスローンカード、アットローン、セントラルファイナンス、バンクベストなどの銀行や消費者金融で多くのおまとめローンを提供しています。
おまとめローンのメリットは、1ヵ所にまとめることで、返済先を1つにでき、今までの返済より安い利子にすることや、毎月の返済額を調整することです。
審査の有利な業者を探して複数の借り入れを上手に一本化しましょう。

◇ おまとめローンについて

まとめローンを借りる順番は?

まとめローンをするのには、順番があります。
現在の日本の消費者金融業者は6000社以上あり、登録なしのヤミ金融業者を入れるとその数はもっと多くなります。
これらの消費者金融を分類すると
1.銀行系 -モビット,DCキャッシュワン:銀行が出資して運用している消費者金融会社で、営業期間はまだ短いですが銀行という信用、安心、資本力を武器に年率13%~18%の低金利で融資しています。またテレビCMも積極的に行っています。他者からの借り入れが3件までの方が融資条件です。
2.消費者金融連絡会 - プロミス 、アコム、武富士、アイフル、三洋信販:消費者金融の大手6社が、業界の健全な発展を目指して1997年1月に設立した団体です。しかし、その中身は決して消費者サイドに立ったものではなかったようで、新しい法律「賃金業法」ができたことをみても明らかです。借り入れ件数は4件まで。
3.準大手-ディック :上記の消費者金融連絡会には加盟していない準大手で、過去にクレジットカードの事故情報があっても審査によっては融資が可能です。他社からの借り入れ件数は5~6件です。
4.中堅- 株式会社プリーバ :総融資残高が100億円~1000億円規模の消費者金融会社で、このあたりになると審査はゆるくなり、融資は受け易くなりますが、金利は高くなります。他社の事故情報などもほとんど取得しません。借り入れ件数は7~10件でも可能です。
5.地場系 :総融資残高が100億円以下の小規模地域密着型の消費者金融会社で、借り入れ件数が10件以上でも融資する場合があります。
以上の分類になりますが、まとめローンを受けるには1番から順に借りていくのがセオリーになります。
銀行系の消費者金融でまとめローンの審査が通れば、生活も安定します。
また、銀行系からの借り入れについては、他の2、3、4、5の消費者金融では借り入れとしてカウントしません。


Copyright (C) 2007 - 2014 おまとめローンは審査の甘いところで返済を楽に!, All rights reserved.