あなたは、おまとめローンを上手に使っていますか。
東京スター銀行、オリックスローンカード、アットローン、セントラルファイナンス、バンクベストなどの銀行や消費者金融で多くのおまとめローンを提供しています。
おまとめローンのメリットは、1ヵ所にまとめることで、返済先を1つにでき、今までの返済より安い利子にすることや、毎月の返済額を調整することです。
審査の有利な業者を探して複数の借り入れを上手に一本化しましょう。

◇ おまとめローンの注意点

審査面談でどこを見ているのか

消費者金融の面談で会社の人はどこを見ているのでしょうか。
見ず知らずの人間に、わずか30分足らずの面会時間で数十万円のお金を貸すわけで、返せるかどうかを判断する必要があります。

ですから、面談での第一印象が重要のようです。
見た目が怪しければ、融資額を減額されたり、最悪の場合は断られることもあります。

それでは実際にどんなところを見て判断しているのでしょうか。
まずは、見た目にだらしない人は要注意です。

身だしなみに気をつけていない人は、お金にもだらしがないと思われます。
服装、髪型、持ち物などに清潔感がある事が重要です。

新しければいいのではなく、古くても手入れがきちんとされていれば問題ありません。
ボロボロになった物を平気で使っていないかなどをしっかりチェックします。

いつお風呂に入ったのか分からないような体臭や、お酒臭いのもいけません。

逆に、服装がやたらと立派な人も怪しいと思われます。
お金を借りに来ているのに、自分の立場が分かっていないような高級なスーツを着てブランド品の時計やネクタイ、バッグで着飾っている人がいるそうです。

そのような人はこう思われます。
〇以前は金回りがよかったが現在は困窮している。
〇たいした収入もないのに、金遣いが荒い。
〇無理をして見栄を張っている。

信用されません。
このようなタイプの人は女性に多いようで、借金の原因はクレジットカードの返済だそうです。
余計な見栄を張ったために、借金が増えてしまったのです。

おまとめローンをする時の注意

おまとめローンをする為に消費者金融に行き、担当者と話をします。
この時に嘘をついてはいけません。

「他社からの借り入れはありません」
と言う方も多いそうです。

また、他社からの借り入れ金額を少なく申告する人もいます。
借金が少なければ、借りやすいと思われるようですが、そんなことはありません。

嘘をつくのは逆効果です。
その訳は、消費者金融は他社の借り入れ金額を簡単に調べる事ができるからです。

過剰融資と多重債務を防止するために、この業界では借り入れ状況やブラック情報(長期延滞や自己破産をしているかなどの情報)をデータセンターで登録管理していて、申し込みの時には必ず照会することになっています。

お客様の名前と生年月日を入力すると、他社を利用して登録されているので、これまでの借り入れ状況が一瞬で表示されます。

収入を多めに申告する嘘もだめです。
申告した収入が本当かどうか、源泉徴収はチェックしますし、月々の給料明細ももちろんチェックします。

歩合制の場合は、1ヶ月だけではなく3ヶ月分の給料明細の提出をもとめられる事もあります。
自営業者の場合は、給料明細は自分で改ざんできるので、実際に取引先から入金があったかどうかを通帳を見て確認します。

「今度のボーナスは、去年の2倍もらえます」
などと希望的な言うお客さんや、自営業者の場合
「来月には、500万円くらいの大きな仕事が入る」
と言う人もいるそうです。

まとめローン返済の注意点

まとめローン返済の注意点をみてみましょう。

【債務を一本化】
まとめて返済(おまとめローン・大口融資)とは、消費者金融など
複数ある借入を限度額の大きいおまとめローンに借り換えをして、
債務を一本化することです。

多重債務をおまとめによって一本化することにより
返済額を軽くすることができ、多重債務から完済へ向かう事ができます。

このようにメリットのあるまとめて返済をする際の注意点として、
今の債務の借り換えであることを伝えるようにします。

そして一度にたくさんのおまとめローンの業者に融資の申込をしないことがあげられます。

一度にたくさんのおまとめローン業者に申込をしてしまうと、
申込ブラックリストにのってしまう可能性があります。

ブラックにのってしまうと、借り換えはできませんし、
自分自身を不利な状況にしてしまいます。

【申込ブラック】
また、申込ブラックの期間は、2~3週間ほどですが、
一度ブラックになってしまうと半年ほど、情報機関にも申込履歴が残ってしまいます。

ですから、半年ほどは、申込を控えることが必要です。

まとめて返済の注意点としてはこのように、申込ブラックにならないようにすることが大切です。

もしブラックになってしまったときは、半年ほどあけて再度申込をしましょう。

また、ローン業者の中には、新聞の広告などに
「おまとめローンで債務一本化」などとうたい、有利な借り換え条件を
誘いにしている悪徳な業者もありますから、注意が必要です。

まとめて返済の注意点として、このような悪徳業者にひっかからないことが大切ですね。

おまとめローンには、銀行系や信販系の比較的金利の安い業者を検討し、申し込んでみましょう。


Copyright (C) 2007 - 2014 おまとめローンは審査の甘いところで返済を楽に!, All rights reserved.