あなたは、おまとめローンを上手に使っていますか。
東京スター銀行、オリックスローンカード、アットローン、セントラルファイナンス、バンクベストなどの銀行や消費者金融で多くのおまとめローンを提供しています。
おまとめローンのメリットは、1ヵ所にまとめることで、返済先を1つにでき、今までの返済より安い利子にすることや、毎月の返済額を調整することです。
審査の有利な業者を探して複数の借り入れを上手に一本化しましょう。

◇ 借り入れの注意点

消費者金融での借り方

消費者金融での借り方を見てみましょう。

【小口融資】
消費者金融とは、消費者向けに融資する業者のことで、
消費者金融は比較的審査が甘いのが特徴で、小口の融資を行っています。

そして、消費者金融では無担保、無保証で融資を受けることができます。

そして、最近で三菱東京UFJのような銀行と大手の消費者金融が
合併会社を作り、モビットやプロミスなどのような消費者金融に
参入しています。

消費者金融での借り方としては、まず、キャッシング会社を選ぶ事が大切ですね。

キャッシングがはじめての人は、明るいイメージのある大手の銀行系の会社でのキャッシングがオススメです。

銀行系のキャッシングでは、金利も比較的低くなっています。

【出資法】
消費者金融での金利は、出資法により最高29.2%と定められています。

出来るだけ金利の低い業者を比較して選ぶ事が必要ですね。

消費者金融での借り方は、業者を比較し、自分の条件にピッタリな
ところでキャッシングするのが良いのですが、インターネットで
消費者金融の比較サイトがとても参考になります。

利率を含め、返済方法や貸付条件などを比較して選んでみてください。

返済しやすい業者を選ぶ事も大切です。

借入は簡単にできても、返済が面倒で、延滞してしまったり、
余分な利息を支払うという事にもなりかねません。

また、消費者金融での借り方で注意したいのが、多くの業者が
50万円以上の融資の場合には、年収の証明書が必要になります。

どのような物が借入の際に必要なのかをチェックし、申込をしましょう。

ローン返済をまとめてみる

ローン返済をまとめてみませんか?

【異なる返済日】
複数のキャッシングなどを利用している場合、返済日が
各キャッシング会社ごとで異なって払い忘れてしまい高い利息を払う事になってしまったり、一体自分がいくら借金があるのか、
現時点での返済額が分からなくなってしまったり、様々な問題がでてきます。

そのような時には、ローン返済をまとめる「おまとめローン」を検討してみましょう。

複数のキャッシング会社別に返済をするよりも、一つのキャッシングにまとめる一本化をした方が管理も楽で、返済の手間も省けます。

また、今現在キャッシングを利用している消費者金融よりも安い利率のところで一本化すれば、利息が少なくなり、返済額も結果的に減らすことができるでしょう。

一般的に、ローン返済をまとめるおまとめローンでは、金利の設定が低くなっています。

ですから月々の返済額も減りますし、総返済額も減らす事が出来ます。

【多重債務】
そして、ローンという物は、借入金額が大きくなればなるほど
金利も下がりますから、例えば15万円ずつを4社で借りるより、
1社で60万円を借りたほうが金利がお得なのです。

このように、ローンの返済をまとめることは、多くのメリットがあります。

家族や会社の人に分からないように、複数のキャッシングを利用している多重債務者の人は多くいます。

ですが、多重債務の場合、利息分の支払が多くなりますし、
ローン返済をまとめても、きちんと計画通り返済していく事ができれば、他の人に分かってしまうことはありませんから、今までどおりです。

住宅ローンで審査が甘い所はある?

【住宅金融支援機構】
一般のキャッシングなどでは、審査の甘いところもあるようですが、
それでも最近は、キャッシングの審査は徐々に厳しくなっているようです。

そして、住宅ローンでも、ますます審査が厳しくなっているようなのですが、
住宅ローンでも審査の甘いところはあるのでしょうか?

最近は住宅ローンで審査が甘いという話は聞かなくなりました。

逆に、住宅ローンが通りにくくなってきたという話を良く聞きます。

実際、住宅金融支援機構のフラットも窓口金融機関の新規撤退をし、縮小をしているようです。

比較的住宅ローンの審査が甘いと言われていた外資系住宅金融会社の住宅ローンの撤退など、民間金融機関においても、公庫の段階金利などの影響を受け、住宅ローンの破綻が目立つようになっていると思います。

【契約社員】
それによって、ますます住宅ローンの審査は甘いものから厳しくなっているのですね。

ですが、住宅ローンの審査では、契約社員のような「安定した収入のある人」という要件を満たしていないとパスする事ができません。

例えば年収が240万円で600万円の借入をしたい場合など、普通の銀行では審査が通らなかったりします。

そういった場合、契約社員専用の住宅ローン商品なども展開されているようです。

審査基準が厳しくなったことで、諦めてしまっているという人も多いと思いますが、
いろいろ当たってみることも必要です。

住宅ローンの審査が甘いものから厳しくなったというのは事実ですが、いろいろ幅広く見てみることも必要です。


Copyright (C) 2007 - 2014 おまとめローンは審査の甘いところで返済を楽に!, All rights reserved.