あなたは、おまとめローンを上手に使っていますか。
東京スター銀行、オリックスローンカード、アットローン、セントラルファイナンス、バンクベストなどの銀行や消費者金融で多くのおまとめローンを提供しています。
おまとめローンのメリットは、1ヵ所にまとめることで、返済先を1つにでき、今までの返済より安い利子にすることや、毎月の返済額を調整することです。
審査の有利な業者を探して複数の借り入れを上手に一本化しましょう。

◇ クレジットカードについて

カードローンの審査

【家族に内緒で】
最近では、カードローンを利用する人が増えています。

気軽に、手軽に利用しやすくなったというのもありますし、以前よりもマイナスイメージも少なくなっています。

カードローンに申し込みをしたいけれど、審査はどのようなことをするのか・・・気になりますよね。

特に、家族に内緒でローンを組みたいと言う場合など、家族にバレてしまったりしないか・・・というあたり、気になると思います。

まず、未成年者は、基本的に銀行のカードローンを組む事はできませんし、申し込む銀行によっては「成人で安定した収入がある人」というのが第一基準になっています。

カードローンの審査は、カードローンの申込書を記入します。

一般的には、年齢、職業、勤続年数、借入の有無などから審査が行われます。

【審査の電話】
また限度額も設定されていて、例えば50万円で申込をしても審査では30万円までと決められる場合もあります。

審査の段階で家族に連絡が行くという事はありませんが、その住所、その勤務先に借入申込者が住んでいるか、在勤しているかを確認する電話が入ることはあります。

ただ、○○ローンですが、△△さんはいますか?

というような電話のかけ方ではありませんから、審査の電話でバレてしまうことはないでしょう。

また、一般的に、カードローンの連帯保証人は不要となっている事が多いです。

ですが、銀行系のカードローンですと、収入が重視される傾向が強いようです。

消費者金融に比べると、収入の面で審査が厳しいという場合があるようですよ。

ご利用は計画的に・・・ですね。

カードローンの借り換え

【利息の安いところ】
カードローンの借り換えを考えるときは、利息の安いところに借り換えするのが第一条件になりますよね。

まず、金利がどのくらいになっているのかを比較し、検討する必要がありますし、利息だけでなく同時に限度額や審査についても確認するようにしないといけないですね。

インターネットを見ていると、カードローンの乗り換えの際のシュミレーションを行うことが出来るサイトなどがあります。

例えば、現在、何件の金融機関からの借入があるか、合計借入金額はどのくらいか、年齢、性別、年収などを入力すると、自動的にその人に適したカードローン会社を調べる事が出来るという物です。

【キャッシングの記録情報】
カードローンの借り換えには、人それぞれ色々な事情があります。

ブラックの人、何社からも借入してしまいおまとめローンで一本化したい人、キャンペーン中のところに借入したい人、少しでも利息の安い所にしたい場合などです。

ただ、クレジットカードやキャッシングの記録情報などは残ります。

過去に返済の遅延がある場合などは、カードローンの借り換えをしたいと言う場合であっても、審査が厳しくなるということもあります。

自分にぴったりなカードローンでの借入をすることが、最も早く完済でき、賢く便利にカードローンを利用する事ができると思います。

一番初めに借入をする際のカードローン会社の選び方が重要になってきますが、自分にぴったりなカードローンを見つけて無理の無い計画性のあるカードローン利用をしましょう。

カードローンに必要な年収

【免許証や健康保険証】
カードローンの審査では、一般的に身分証明書として免許証や健康保険証などがあればOKで、特別な書類は必要としない場合が多いです。

インターネットからもカードローンを簡単に申し込む事ができますし、その際も、健康保険証の種類を確認する程度の場合も多くあります。

つまり、カードローンは、気軽に手軽に申し込む事ができ、容易に利用することができてしまうと言うわけです。

カードローンは、長期的で計画的な用途の融資であると言われています。
コレに対し、キャッシングですと、短期間に、緊急的にお金が必要なため融資だと言われています。

【確定申告書】
カードローンの場合は、一昔前は、簡単に手軽なものではなかったのですが、最近では簡単で手軽なものになっています。

ですが、簡単に借入し、手軽に利用できるとは言っても、返済がしっかりとできなければ借入してはいけませんね。

カードローン会社の審査でも年収を確認する会社も多くなっていますよ。
例えば、確定申告書などが審査の必要書類に含まれる場合もあります。

よく見かける審査基準では、「お申込が100万円を超える場合は、ご本人様の年収が確認できる資料をご準備ください」という内容です。

相場としては、年収の三分の一くらいが借入額の限度額となるようです。
それ以上を借入する場合は、利用実績や返済のし尿によって少しずつ増えていくことも可能です。

カードローンの申込には、安定した収入があることが大前提となっていて、まとまった金額を借入したい場合には、ある程度の年収が必要であるということですね。


Copyright (C) 2007 - 2014 おまとめローンは審査の甘いところで返済を楽に!, All rights reserved.