あなたは、おまとめローンを上手に使っていますか。
東京スター銀行、オリックスローンカード、アットローン、セントラルファイナンス、バンクベストなどの銀行や消費者金融で多くのおまとめローンを提供しています。
おまとめローンのメリットは、1ヵ所にまとめることで、返済先を1つにでき、今までの返済より安い利子にすることや、毎月の返済額を調整することです。
審査の有利な業者を探して複数の借り入れを上手に一本化しましょう。

◇ ヤミ金融に注意!!

サラ金とは

サラ金とは、どのような会社の事を言うのでしょうか?

お金を借りる事ができる所はいろいろあります。
そして、サラ金からお金を借りると身を滅ぼす・・・とよく言われ、
サラ金とはなんだか恐ろしいイメージがあったりします。

ですが、お金の借入は、返済計画をきちんと立てて、きちんと返済する事が条件ですから、最初から無理な返済額のお金を借りてはいけませんね。

【悪いイメージ】
ですから、サラ金ばかり悪者のイメージを持っていてはいけないような・・・そんな気もします。

金融の区分に関しては、大まかに分けると、国や自治体、特殊法人など、そして民間金融に分けられます。

この民間金融の中でも、銀行系、信販系、サラ金系、マチ金系、
ヤミ金系と・・・に分けられます。

返すあてもないのに、審査基準が甘いことから、サラ金やマチ金、
ヤミ金ではお金を借りる事ができたりします。

実際に返すことが出来なければ、いわゆる怖い取立てにあったり、
自己破産をしてしまったりしてしまうのです。

サラ金とは、サラリーマン金融のことで、消費者金融全般の事を指していますが、一般的には、高い利息でお金貸す消費者金融の事をいいます。

最近の消費者金融では、親しみやすい、可愛いタレントさんなどが
コマーシャルをして、明るいイメージを与えていますが、やはり、
どこで借りるにしても、利息を計算し、返済可能な消費者金融でお金を借りなければ、結局借金地獄です。

消費者金融の合言葉「ご利用は計画的に」と言う言葉がありますが、
まさにこの言葉の通りですね。

サラ金とは?|おまとめローン

サラ金とは、「サラリーマン金融」の省略語です。もちろん正式名称ではなく、俗称です。
1970年代頃から使われている言葉です。
最近は、サラ金のイメージアップのためでしょうか。業界が率先して「消費者金融」という呼び方で定着しています。
つまりは、昔は「サラ金」今は「消費者金融」と呼び名が変わっただけで、ほとんど同じ意味です。
ある意味、テレビで宣伝している大手の消費者金融も、街中で1店舗だけでこじんまり営業している貸金業者のどちらも、「サラ金」「消費者金融」と呼ぶことができます。

それでは、消費者金融とは?
消費者金融とは一般の消費者にお金を貸すことを専業にしている業者のことです。
これに対して、事業者向けにお金を貸すことを専業にしている業者を事業者金融です。
ちなみに、「信販会社」「クレジット会社」も消費者金融と同様にカードキャッシングでお金を貸していますが、これらの業者はクレジット(月賦)を主な業務にしているので、お金を貸すことを専業にしている消費者金融とは一線を画します。

でも、最近では、消費者金融・サラ金がクレジットカード事業に参入したり、銀行が消費者金融・サラ金事業に参入したりしていますので、境界線がはっきりしなくなってきています。
消費者金融・サラ金会社にはどんな会社があるかと言うと、大手がアコム、武富士、プロミス、ディック、レイク、アイフル、三洋信販、準大手が三和ファイナンス、アエル、クレディア、クオーク、シンキ、エイワ、ファイド、プライムなどです。
他にも地方で非常に大きなシェアを占めている貸金業者もあり、無担保、無保証、簡単審査でスピーディーに貸付を行っています。
おまとめローンもこれらの消費者金融で取り扱っています。

ヤミ金融の見分け方|おまとめローン

新聞広告やチラシなどで、「かんたん審査」「即日融資」「だれでもOK」などの広告をよく見かけます。
このような甘い広告を出している業者の中には、ヤミ金融や悪徳紹介屋なども多数いますので、注意してください。まとめローンをする時、ではどこで見分ければいいのでしょうか。

◎銀行かノンバンクか街金のどれか。銀行なら問題ありません大丈夫です。有名ノンバンク(オリックスなど)もまず安心ですから大丈夫です。街金は危険で、要注意です。

◎貸金業登録番号 「東京都知事① 第*****号」このような登録番号には要注意です。
「東京都知事」は東京都のみで営業しているという意味ですから、会社の規模は大きくありません。
オリックスやJCBなどの大手ノンバンクの登録番号を見ると「関東財務局」「近畿財務局」とあります。
管轄が財務局になると他府県にまたがって広範囲に営業ができます。それだけ会社の規模も大きいという事になります。

①のところが意味するのは、3年に1度の更新回数を意味します。
「東京都知事① 第*****号」は、東京都内のみで営業していてまだ3年以内の業者ということがわかります。
こんな若くて営業規模の小さな業者が、低金利でお金を貸して商売をやっていけるとは思いません。
皆さんは、どう思いますか。
ちなみに、さきほどのオリックスやJCBなら、⑦とか⑧とか数字が大きいですから、業歴が長い事がわかりますので、安心できます。



Copyright (C) 2007 - 2014 おまとめローンは審査の甘いところで返済を楽に!, All rights reserved.